Loading

Contents

安心安全なファミリーキャンプのおすすめスタイル

家族で安心なキャンプスタイルとは?

ファミリーキャンプに挑戦だ! と息巻いて準備をしようと思ったはいいものの、何から準備すればいいかわからない…。

キャンプ道具も多種多様、デザインだけで選ぶと快適なキャンプができないこともしばしばです。

まずは、ファミリーキャンプに最適なキャンプスタイルをご紹介します。

ファミリーキャンプで最も考慮すべきは、安全性。

おすすめは、道具の重心が低いロータイプのもので揃える「ロースタイル」というキャンプの方法です。

とくにチェアとテーブルの高さのバランスを揃えるのは必須。

普段の生活でもそうですが、チェアの座面が高いのにテーブルが低いと使いづらいですよね。

キャンプでも同じ。

一般的にチェアの座面が30cmであれば、テーブルの高さは40cmに合わせると使いやすいですよ。

子ども目線での道具選びのポイント

ロースタイルの良さはまだまだあります。

大人にとってはハイスタイルのチェアも座面が高くて座りづらい、なんてことはないはずですが、小さなお子さんからするとよじ登らなくてはいけないものもあるんです。

キャンプのチェアは軽量な反面、ふだんの生活で使用することを目的としたチェアと比べると安定性に欠けるため、転倒の恐れもあります。子ども目線でチェアを選ぶなら、やっぱりローチェアがおすすめです。

また、ローチェアの中でも多くの種類がリリースされており、腰が包み込まれるような長い時間座るのに適した深めに座るものから、すぐに立ち上がれるような浅めの座面設計のものまであるんです。

くつろぎたいパパママであれば深めのものを選ぶのが吉。子どもは落ち着いてずっと座っておくことも少ないので、浅めのものを選ぶと間違いないでしょう。

家族全員でお揃いのものを購入するケースがありますが、家族構成によってはそれぞれに適した道具選びをすれば、快適性・安全性がさらに高まります。

ゆったりと座りたいという方には、ベンチという手も。

2人用のものが多いので1人で座ったらゆったりと、仲良く子どもと一緒に座るなんてこともできますね。

子どもが寝静まった夜に、焚き火を眺めながら話す夫婦時間にもいいかもしれません。

スタイルは高さだけじゃなく、素材にも注目!

アイテム選びは、高さだけではありません。

もう一つあるのは、素材です。

ウッド素材を選ぶと風合いがよく経年変化も楽しめておすすめ。

一つ一つ手作りで製造しているアイテムであれば、いい個体差が生まれてより愛着が湧いてきますよ。

もしお子さんが汚すのが怖い…と不安のある方は、木目柄のウレタン樹脂塗装のものもあり、汚れてもサッと拭けて衛生的です。

ファミリーキャンプの道具選び、意外と奥が深いことがお分かりになりましたか?

クリフメイヤーは、みなさんのファミリーキャンプを応援すべく、アパレルのことだけでなく道具のこと、ノウハウ、キャンプ場のことなど、これから1週間に一度発信していきますのでぜひチェックしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP